最近の出来事

最近の天気は・・・

 

8月17日は猛暑となりました。

高知県内ではこの後、今月21日頃まで平年並みの高温からかなり気温が高い状態が続くとみられいて、熱中症に注意が必要です。

17日、日中の最高気温が36度と高気圧に覆われて猛暑となり、▽伊野町本川39・4度▽四万十市西土佐38・1度▽高知市西土佐36・5度▽香美市裁判所職員39・4度▽高知市で17日、最高気温は36・5度の高気圧と猛烈な暑さです。

8月の観測は過ぎ、伊能町本川では最高を記録しました。

県内の気温が39度を超えるのは今月14日から4日連続。

日中の最高気温は18日に上昇し、高知市では足摺岬37度、室戸岬33度、室戸岬32度と予想されています。

気象台によると、今月21日頃まで平年並みの最高気温からかなり気温が高い状況が続く見込みです。

熱中症に注意して水分や休憩をこまめにとり、屋外ではできるだけ日差しを避け、室内ではエアコンを使用し、十分な対策が必要ですね。

続いて18日、各地で猛暑となり、四万十市西土佐では全国で最も高い39.4度まで気温が上がりました。

19日は県内でも気温が高い状態が続くため、熱中症には注意が欠かせません。

県内では、日中の最高気温は四万十市西土佐の梼原町で36.6度、37.8度の高知市各所で18日まで高気圧に覆われて気温が上昇し、全国で最高となりました。

気温は19日に上昇し、高知市足摺岬36度の室戸岬33度で31度と日中の最高気温が予想されています。

気象台によると今月21日頃まで平年よりかなり気温が高い状態が続くと予想されています。

熱中症に注意して、水分や休息をこまめにとり、屋外ではできるだけ日光を避け、室内ではエアコンを使用して、十分な対策をしてください。

 

皆さん体調には気を付けてましょうね!