最近の出来事

旅行にも必要?コミュケーション

コミュニケーション能力とは?私たちの周りには、人間関係に恵まれた人とそうでない人がいる。

この世では、両者の異なる点はどこから来るのでしょうか?

数字や才能ではなく、生まれ持ったキャラクターなどのもので、その人との相互信頼の関係を築くための最大の異質点のための方法を知っているか、あるいはどのようにしてかです。

その手法が人としてのコミュニケーションを考える方法です。

職場、家庭、友人の担当者、人間の担当者、恋愛や関係の良し悪しの中でどのようなものを完成させるかは、すべてのコミュニケーションによって成り立っています。

つまり、その人との信頼関係を築き、人生全般を豊かにするためには「コミュニケーション能力」が欠かせない大切な力です。

コミュニケーション能力のコストが重要なときに、それを痛感した経験があったのではないでしょうか。

だからこそ、コミュニケーション能力を高めることに興味があるのでしょう。

では、あなたは普段どのくらいの期間、意識して計画的に「コミュニケーション」を行っていますか?例えば、会議やプレゼンの時には、必ず「何を話すか」を計画的に行います。

一方で、相手との日常会話の中で最も予定通りにできないのが「ライブ」であり、場所によってはコミュニケーションをとることになります。

このような時、能力差やコミュニケーション(能力差)がはっきりと現れます。

コミュニケーション能力については、生活に影響を与えるある質問によると、コミュニケーションである相手との会話に毎日平均6.2時間を費やしているようです。

人との接触を想定した例では、睡眠時間を6:00、起きている時間を18時間とし、アクティブに行動することで、約3分の1の時間をコミュニケーションのために使うことになります。

私たちの生活のほとんどをコミュニケーションに費やしています。

この容量コストは、生涯の質に大きな影響を与えることがわかっています。

すでにご存じのように、人間関係です。

上司、部下、同僚、職場の取引先。

恋愛や友人関係、パートナーシップ、家族関係・・・。

あなたのコミュニケーションが積み重なった結果、人がうまくいって去っていったり、頼りになる人が物事の状態に集まってきたりするのは、あなたのコミュニケーションの結果なのです。

また、収入にも大きく影響します。

ハーバード大学卒業者を調査したところ、ハーバード大学、業界、学校の調査によると、コミュニケーション能力の差で年収に約2倍の差が生まれることが明らかになりました。

自分自身、自分が楽しんでお客様と一緒に考えていることです。

社会で最も求められているのはコミュニケーション能力です。

経済団体連合会の調査でも、この15年連続で、企業が人材に求める能力の第一位にコミュニケーション能力を80%以上も上げていることはご存知かと思います。

高いコミュニケーション能力を持つ人の特徴的な質の高い社会や企業が求める「コミュニケーション能力の高い人」の特徴とは?

わかりやすく伝えることができる ●相手のやる気(意志)を高めることができる ●聞き上手で、相手も自分のことをどんどん話したくなる ●相手の心の中に共感できる ●もっと聞きたい! 魅力的で話せる ●相手に共感できる ●的確な質問ができる ●話をまとめることができる ●人に好感を与えることができる ●人を感動させることができる ●コミュニケーションの幅が広すぎてドリルがない ●それ以外にも、上げてしまえばキリがありません。

このように単純に担当者という人間だけでなく、業務やチーム、組織にも大きく影響を与えるからこそ、私は集中していきます。

コミュニケーション能力の要因を集めると以下の3つに集約されます。

1.高い人がチームを束ね、その人の心の状態(心理)を引き上げる力やこれらの力が業務を円滑に進める力、2.聞く力が様々な出会いや人見知りのきっかけを作ることができる力、3.より深い信頼関係を築くことができる力が担当者に伝える力です。

コミュニケーション能力で鍛える?コミュニケーション能力を身につけ、日常の人間である担当者の間で実践していることで、確実にコミュニケーション能力が向上します。

筋力を鍛えるので、トレーニング方法を学び、毎日筋トレを実践しているのと同じです。

最初はそれに頼る「コミュニケーション」とは何か?その正体を知ろう。

コミュニケーションとは、相互理解の方法です。

意思とは、自分自身の心理(感情、思考、思考)です。

つまり、お互いを心から理解するためのコミュニケーションです。

ですから、コミュニケーション能力を高めるためには、「相手の心理を知る」ことが一番重要なポイントです。